福祉系の資格とは?

福祉系の資格はつねに安定した人気を保っています。

世間や人の役に立つというイメージ、そしてつねに安定した需要と雇用を期待できるというイメージが福祉系の大きな特徴といえるでしょう。

では、福祉系の資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

現在もっとも代表的な福祉系の資格としてはまず介護関連のものが上げられます。

高齢者や障害者の日常生活をケアし、家族への介護指導などを行う介護福祉士やホームヘルパーはいまや福祉の世界では欠かせない存在となっています。

人手不足が叫ばれている時代でもあり、需要の高さにおいても随一となっています。

あるいはケアプランや介護保険の適用など福祉サービスの提供を行う介護福祉士(ソーシャルワーカー)も介護の世界では欠かせない存在です。

それから精神保健福祉士。

あまり聞きなれない名前の資格かもしれませんが、これは障害者の社会復帰をサポートする非常に重要な役割を担っています。

社会復帰に関わる指導や援助はもちろん、本人・家族の精神面のケアなどにも応じています。

その他障害者関連施設との連絡役や給付金制度の紹介など非常に幅広い業務を担っています。

聴覚障害者のサポートを行うのが手話通訳士。

手話を通して聴覚障害者と一般人との間のコミュニケーションの仲立ちを行う仕事です。

日常生活全般で活躍する場があるほか、裁判や面接など重要な場面でも役割を担うことになります。

このように、福祉系の資格にはさまざまな種類があります。

どれもなくてはならない重要な資格であり、需要も高い資格です。