未公開株式とは?

未公開株式は、証券取引所に上場している企業の株式というのは上場していますから、一般公開されていることになります。

一般公開されているということは、証券取引所を通せば、売買可能になるということになります。

しかし上場していない会社の株というのは、株式公開がまだの状態です。

これが未公開株式です。

株式公開がまだできていませんから、証券取引所で売買することができないのです。

金融商品取引法と呼ばれる法律がありますが、これによって、未公開株を買う際には当事者間の売買を除く場合には、販売をする際には証券業の登録をしなければいけないことになっています。

もしも登録をしないまま販売すれば、義務違反になります。

一般の人が、登録しているかしていないかはなかなか調べがつかないのですが、未公開株式は、かなり高値で取引されることなどもあり、詐欺まがいの事件なども多いですから注意が必要です。

上場していない株の会社は、厳しい上場条件を満たしている会社よりは、経済力も劣っていることもありますから、そんな会社に投資をしてしまうと、場合によっては普通の株を買うよりもかなり高いリスクを抱えることになりかねません。

しかし未公開株式を手に入れていれば、場合によっては公開された時に高値で取引されるのではないかということもあり、手を出してしまいやすいですが、信頼できる所から購入するようにして、信頼した上で未公開株を購入するようにしましょう。