住宅ローン借換のテクニックとは?

住宅ローン借換には特にテクニックはありませんが、借換後にはできるだけ繰り上げ返済を多くすることで、金利低下による弁済額の低下を最大限サポートとすることが大切です。
住宅ローン借換は、弁済額を少なくすることで、いざという際にも弁済を無理なく続けることができるメリットがあります。
しかし、弁済額を少なくしたことで完済までの期間が延びています。
繰り上げ返済を積極的にすることで、伸びてしまった完済までの期間を少しでも短くすることが可能です。
このような視点から借換をする銀行を探してみると、銀行の良し悪しを判断する基準ができてくるはずです。
繰り上げ返済の手続が簡単で、手数料が無料である銀行は少なくありません。
総量規制で住宅ローン審査通らない?他のローン!【借り入れできない?】