ビタミンC誘導体って何?

高い美白効果があるといわれているビタミンC誘導体は、もともとビタミンCとして存在しているのではなく、私達の体内に入ると酵素と反応してビタミンCとなる成分です。

ビタミンCは不安定な成分なので肌に吸収される前に成分が壊れてしまったりする事も多いのですが、ビタミンC誘導体なら体内でビタミンCに変身してくれるので、無駄なく100%体内に吸収する事ができます。

ビタミンC誘導体は体内に入ってビタミンCと同じ働きをしてくれます。

ビタミンC誘導体にも抗酸化の作用があるので、ニキビ肌の方はニキビの炎症を抑えるとともにニキビが出来にくい肌質を作ることができます。

また、ニキビ跡の凹凸肌や色素沈着などにも効果があるといわれています。

そういえば、美肌成分のビタミンCはスキンケアアイテムにも入っていることが多いですし、サプリメントなどとして体の内側から摂取する方法も有効ですよね。

ビタミンC誘導体はスキンケアアイテムに配合されていることがほとんどなのでサプリメントとしてはほとんど見かけることがありませんが、食品添加物の中に配合されている事はあるようです。

ビタミンC誘導体は肌に直接塗って皮膚の内側に浸透させます。

その時に、お風呂などに入って毛穴をきちんと開いてからビタミンC誘導体を塗布した方が肌への吸収率もアップするようです。

また、超音波などの美顔器を使って効果的に肌へ吸収させる方法も有効と言われていて、エステや美容皮膚科などでレーザー治療などを行った場合には、最後にビタミンC誘導体を塗布して美白効果を高める事も多いようです。